FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婦女子的思索 アフガニスタン今昔 ※9/13追記あり

仕事や制作にとりかかたり、つまったりすると大抵図書館に行きます。
落ち着く場所なので気分転換にも良いし、
思わぬ助けになる本が見つかったりもします。

今回の掘り出し物の一冊
『戦禍のアフガニスタンを犬と歩く』


私はブルース・チャトウィンの著書をいつも読み返していますが、その現代版という最初の印象。
彼もまた、イギリスの若者。スーパーマンではないけれど、
元外交官で、多国語を操り、冒険に踏み出してしまうタイプ。

何より素晴らしいのは、自分自分といった感のない、淡々とした語り口調です。
大げさな所は一切なく、それが却って現地の空気を濃厚に伝えてくれます。


何度も書いておるかと思い申し訳ありませんが
小学生の私が初めてアフガニスタンを知ったのは、NHK特集のシルクロードからです。
厳しくも美しい自然と生きる人々、遺跡の数々に惹かれました。

そして、10代も後半にかかった頃に図書館でふと手に取った
戦場カメラマンの長倉洋海さんによる、マスードとの同行取材の集大成写真集。


何故、あの時代にアフガニスタンでソ連侵攻とその後の内戦がおこったのか
世界で起こっていることはどういうことなのかと興味を持つきっかけになった本です。

もちろんこれも一方からの見かたですが、
実際にトークライブでお見かけしたとき
生死をともにするような環境で写真を撮り続けた長倉さんの目は優しく、
手のひらはとてもごつくてあたたかかった。
人となりは顔つきに現れると思います。

北部同盟の指導者であったマスードは、
同時多発テロの2日前の9月9日、カメラマンを装った自爆テロにより亡くなります。
この人が無事に生きて、アフガニスタンが平和な世界になっていくことをリアルタイムで追えると思っていた。
私にとっては理想が形になったような人であり
(古今東西男前オブワールド。異論は認めない)
希望の象徴だったのですが…本当にショックでした。

タリバンと対立していた勢力で、恐らく2日後に起こすのテロの
背後の憂いを取り除く意味で、アルカイダに暗殺されたという見方が有力です。

アルカイダのビンラディンも先日アメリカ軍によって殺害されました。
思えば思想から何から対照的な二人。

鋭く澄んだ瞳のマスード、どろんとして目じりの下がったビンラディン。
薄く引き締まった唇のマスード、ぼってりとしたビンラディン。
若い時は最前線に立ち兵士たちとも行軍をともにしたマスードと
財力をバックに安全な場所から指令を出していたビンラディン。
女性にも教育をと語っていたマスードと
イスラムの教えを自己本位に解釈し、原理主義に突っ走ったビンラディン…
(本とこの辺は婦女子日記でスミマセン。でもでもマスードほどの男前はいない!)

911への報復から始まってアメリカのやり方はまったくもって何一つまともじゃないけど
米軍によって銃殺され、遺体は海に棄てられるという
ある意味ふさわしい死にざまだと感じました。
(それも本当かどうかはあやしいですが)

2011年から、そしてこの2011年にも世界は大きく変わりました。
震災後の日本政府のやり方には本当にがっかりです。わたしの国のトップはこんなに駄目だったのか…と。
不本意ながら3年ぶりにテレビのある生活が始まりましたが
そこに流れていることのどれだけが本当なのでしょうか。
テレビだけじゃない。ラジオ、新聞、すべてのメディア。
そこで報道されないことを知らせてくれるのも、
先に書いたような旅人であり、フリーランスのジャーナリストたちです。

イラク戦争の際にボランティアで入稿してい人質になってしまった
日本人三人に対する狂ったようなバッシングは今でも忘れられません。
戦争は絶対あってはならんことですが
日米同盟を結んでいる以上、日本はアメリカの起こす戦争に無関係ではありません。
彼らは私たちに、報道されないイラクの本当の姿の一部を見せてくれた。

3月、高速道路で反対車線の、被災地に向かう自衛隊の車の隊列に手を合わせました。
藤原新也さんはいちはやく自分の足で福島に入っていました。

9月9日は自分の誕生日でマスードの命日です。
今年も無事に歳をとることが出来ました。
本当に感謝です。
とりとめがなく、ごめんなさい。

--

9月13日追記

9.11による被害者の60倍もの死者が米軍の報復による空爆で出ているとのこと。
(アフガニスタンとイラクの民間人です)
当時、弟は仕事でアメリカにいたのですが、
近くにいる人達からは、
『報復攻撃に賛成しているアメリカ人ばかりじゃないことを解ってくれ』とよく言われたそうです。
事実、「報復をー!」と叫んでいる人はほんの少しだった。

昨夜のニュース番組で、身内を同時多発テロにより亡くした米国人男性が
『報復には当時から反対だった。自分も親しい人をなくして
戦争による痛みがわかるから』と話されていました。
9.11当時ニューヨークに居合わせた新聞記者のコメントで、
前記の死者数の格差こそが9.11を引き起こした歪ではないかと言われ、
まさにその通りだと感じました。

ビンラディン氏が殺害されたと知ったとき、
何の感慨もありませんでした(またアメリカはつまらないことを…とは思いましたが)。
こういう人物を生み出したのもまた、西側世界ではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
プロフィール

JALAN-JALAN

Author:JALAN-JALAN
1993年からデザインの仕事、1999年から石けん制作をしています。
趣味は移動でいつもどっか行きたい…と思っています。

リンク
FC2カウンター
blogram
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。