FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダヴィンチと平家琵琶

片づけをしていて見つけた新聞の切り抜きより。処分するまでに覚書き~
2007年12月17日日経文化面。

「絵画のそことここ」藤本由紀夫
 
レオナルド・ダ・ヴィンチは「絵画は、触れることのできぬものを触れるように、平らなものを浮き上がっているように、近いものを遠いように思わせること奇蹟さながらである」と手稿に残り手居る。
確かに我々は、絵画を見ているとき「ここ」であるカンバスの表面を見ているのだが、カンバス上の絵の具を見たとは思わない。そこに表現された「ここ」ではない「そこ」の世界を体験している。

また彼は、美術が音楽よりも低く評価されていることに不満を持ち、科学的な空間描写の技法として「線遠近法」を開発した。「岩窟の聖母」(1483-86年頃、油彩、板)においてレオナルドは聖母マリアを洞窟の前に描いた。
我々はどうしてもマリアよりも向こう側の世界に引き寄せられる。
二次元のパネルにまるで穴を開けるように描かれた洞窟は、「近いものを遠いようにおもわせる」ための「ここ」から「そこ」へと貫通する格好の題材だったのではないだろうか。

-ここまで記事抜粋-

当時、美術は音楽よりも低く見られていたという記述が興味深いです。
たしかに、ある程度の年齢になってからでも始められる美術に比べ、
音楽は幼児時代から修練の必要です。(世界のトップレベルでの話とお考えください)
いずれも人の心にもたらす情動を考えれば、優劣はないのは言うまでもありません。

学生時代、一般教養の美術学で取り上げられた「岩窟の聖母」。
実は二点あります。
ダヴィンチのお気に入りの画題だったのでしょうね。

--

平家琵琶、薄氷の相伝 鈴木まどか

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」
中学か高校のときにそらで唱えさせられた覚えがあります。
平家物語のすべてに節をつけて琵琶の演奏で語る「平家琵琶」は
鎌倉時代から八百年にもわたって伝承されてきました。
「耳なし芳一」で有名ですね。

筆者は全国に住人ほどいる相伝者のひとり。
平曲の規範譜(教則本)は「平家正節(まぶし)」といい、
平家物語を百九十九の句に分けて教習順に編纂してもの。
それに別の伝承句を加えた計二百句すべてを習得し、免許皆伝になった方とのことです。すごい

江戸時代末期、弘前藩藩士 楠美家によって代々習得されてきたことが
現在でも途絶えていない大きな力になっているそうです。
楠美晩翠を母方の祖父に持ち、その甥の相伝者 館山甲午に学んだ筆者は
五線譜では表現しきれない口頭伝承、
現代の演奏や後継者育成、研究などの活動を行われています。

中世の日本では、多くの人が平家物語を一般教養として知っていたそうですが
それは琵琶法師によって全国にもたらされたもの。
今でいうところの大河歴史ドラマでしょうか。
お能の演目の多くが平家物語により、その影響力の大きさを感じます。

目で読むでけれなく、耳や口で伝えられた文学の面白さは
一度、生演奏で味わってみたいと思いました。

こういう記事を毎週読めるって、贅沢かも。
ネット配信により苦戦を強いられている新聞ですが、活字文化はなくなってほしくないものです。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
プロフィール

JALAN-JALAN

Author:JALAN-JALAN
1993年からデザインの仕事、1999年から石けん制作をしています。
趣味は移動でいつもどっか行きたい…と思っています。

リンク
FC2カウンター
blogram
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。